福沢諭吉の中国・韓国観がすごい

あの福沢諭吉が中国・韓国についてこんなことを述べているそうです。
慧眼おそるべし。明治の日本人の凄さを思い知らされます。
===========================
産経ニュース

福澤諭吉が予言した「朝鮮滅亡」 
韓国の屈折した負のスパイラル より

《脱亜論》《朝鮮人民のために其国の滅亡を賀す》《文明論之概略》などを総合・意訳すると、福澤諭吉(1835~1901年)の朝鮮・中国観はこうなる。

(1)過去に拘泥し、国際紛争でも「悪いのはそっち」と開き直って恥じない。この二国に国際常識を期待してはならない
(2)国際の法やマナーを踏みにじって恥じぬ二国と、隣国故に同一視されるのは一大不幸
(3)二国には国際の常識・法に従い接すべし。(国交は別として)気持ちにおいては断交する
(4)文明とは智徳の進歩なり
(5)大国に擦り寄り右往左往する事大主義、国家に挺身する憂国の志士の少なさは、国家を滅亡させる。
===========================

なんだ、今と全く同じじゃないか!

「嘘をつき恨みを自らかきたて人をおとしめる」
中国・韓国は、昔から変わらぬ国民性であることがよくわかります。

歴史を顧みない国は滅亡するしかないようです。

コメント(1)

  1. KEI

    福沢諭吉氏の言う通り。

    中国人・韓国人と同一視されるのは『一大不幸』

    安倍総理、日本人だけに利用できる「携帯識別機」を配布しましょう!

    返信

コメントする

投稿前の注意

  • 他の人に不快感を与える投稿や誹謗中傷するようなコメントはおやめください。
  • コメントを投稿する前によく読みなおして投稿しましょう。





トラックバック

この記事へのトラックバックURL
  http://www.uwabana.jp/zenkoku/wp-trackback.php?p=7407